会合・パーティー準備

070-6412-5973

魚料理・刺身は

070-6412-5977

お困りですか ? 今すぐお電話ください

0569-87-2466

カテゴリーアーカイブ 地魚

投稿者:鮮魚部

今日の地魚 「シマアジ」。

今日は「シマアジ」。流通しているほとんどが養殖物で、天然物は本当に希少品で南知多でも年に数回しか見ることができません。食べ方はお刺身が一番! おいしいマアジをさらに洗練した感じの上品な脂としっとりとした口当たりがなんとも言えません。寿司ネタとしても一級品で、天然物を出すお店はごく一部です。大型ほど味が良いですね。

投稿者:鮮魚部

今日の地魚 「トラフグ」。

今日は「トラフグ」。言わずと知れた「フグの王様」冬の味覚の代表格、特に天然物は別格です。また、トラフグは、トラフグだけでフルコースができるちからがあり「てっぴ(皮)」「てっさ(刺身)」「唐揚げ」「焼きフグ」「てっちり(鍋)」「雑炊」と楽しめます。追加で「焼き白子」など良いですね!てっさには薬味で「柚子胡椒」が合います。機会があれば是非お試し下さい。

投稿者:鮮魚部

今日の地魚 「クロサバフグ」。

今日は「クロサバフグ」。見た目はシロサバフグとほとんど変わりませんが、クロサバフグの方が大きくなります。通常30cmくらいまで大きくなりますが、写真のものは43cmもありました。味はシロサバフグの方がやさしい感じで、クロサバフグは少し大味のようです。唐揚げにすると、とてもおいしくヘルシーですね。

投稿者:鮮魚部

今日の地魚 「シロサバフグ」。

今日は「シロサバフグ」。サバフグには「シロサバフグ」と「クロサバフグ」の二種類があります。通常スーパーなどで販売されているものは、シロサバフグの方が多く、お鍋や唐揚げで人気があります。骨が少ない魚なのでとても食べやすいですね!面白い食べ方で、身をシート状にし、下ゆでした野菜などを巻いてフライにします。切って盛りつければ断面がとてもきれいです。タルタルソースたっぷりがオススメ!

投稿者:鮮魚部

今日の地魚 「イトヨリ」。

今日は「イトヨリ」。ピカピカのピンクに黄色のライン!とても美しいイトヨリ。味は淡白な白身で和の料理には「すり身」にして椀などに使います。小型のものは、練り製品の原料になります。洋の料理にはバター焼き、ムニエルなど脂を添加してコクを高めてたものが多いですね。

投稿者:鮮魚部

今日の地魚 「オコゼ」。

今日は「オコゼ」。背ビレに毒があるオコゼ。仲間のオニダルマオコゼなどは猛毒があり、死亡者もでるほど。しかし、身は淡白で薄造りにして食べると、とてもおいしいです。小型のものは、唐揚げなどがオススメです。ぶつ切りにして「味噌汁」にしても、上品な味わいに仕上がり、きめ細かい身の旨味を堪能できます。

投稿者:鮮魚部

今日の地魚 「ベニテグリ」。

今日は「ベニテグリ」。天ぷらにするとおいしい「メゴチ」の仲間です。きれいな赤ピンク色をしているので、別名「ヒメゴチ」とも呼ばれます。プックリとしたきれい白身で、天ぷらやフライに最適です。

投稿者:鮮魚部

今日の地魚 「ウスバハギ」。

今日は「ウスバハギ」。カワハギの仲間で大きいものは、80cmにもなります。頭の上の小さなツノがご愛嬌!食べ方は、薄造りにしたお刺身が中心です。煮付けやお鍋にも使いますが、とてもさっばりとした身で食べやすいです。

投稿者:鮮魚部

今日の地魚 「カワハギ」。

今日は「カワハギ」。名前のとおり、調理する時に皮を剥きます。煮付けにするとおいしいです。特に「肝」の旨さといったら「海のフォアグラ」と例えられるアンキモを超えるほど!鮮度が良ければ、お刺身にして「肝醤油」で召し上がると、お酒がすすみます。

投稿者:鮮魚部

今日の地魚 「コショウダイ」。

今日は「コショウダイ」。大きいものは70cmから80cmくらいになります。その身は、鯛と言うだけにきれいでおいしいです。マダイよりも身がしまっていて、身持ちが良く、活ジメしてから、1週間くらいはお刺身でおいしくいただけます。今、流行の「アクアパッツァ」「ブイヤベース」などにもピッタリ!